剣盾 キリキザン。 【ポケモン剣盾】キリキザンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】キリキザンの育成論と対策【厨ポケを狩る!アーマーガアは全抜きの起点】

【キリキザンの特徴1】優秀なタイプ受け性能 キリキザンは鋼タイプ混合なので全18タイプ中11タイプを半減以下に抑えて受けられるタイプ受け性能が非常に高いポケモンです。 トリル適性があって現環境の先制技持ちで一番強いのがこいつだと思って採用。 受けまわしに対しても非常に強く、ヌオー以外には剣の舞を絡めれば勝てるため火傷対策としてもラムのみがとても優秀だった。 ミラーで必敗することと場合によってはックスを切らざるを得ないことを妥協点として採用。 菜原です。 「キリキザン」は格闘技に弱いため、物理受けポケモンの「ボディプレス」がとても有効です。

Next

キリキザンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

木炭を持たせて攻撃3段階上昇ダイバーンでダイマックスウォーグルを倒せる調整だが、ランクが上がってくるとウォーグルは減り、耐久ももう少し欲しかったので最終的にオボンを持たせた。 以前のUSUMの構築ではステロ撒きから壁貼りに繋げることは、に攻撃性能があるため可能ではあったが。 「プレッシャー」はキリキザンとの相性が悪い。 火力と技範囲が優秀で対面操作のとんぼがえりを撃てる点はもちろん優秀だが、最大の魅力はのかげうちに縛られずに高火力を叩き込める点にあると思っている。 この手のトリル構築を組んでいる人は対面ぎみの立ち回りで初手のをあっさり捨てることが多く、裏のトリルで一気に詰めにくるためのばけのかわを大切にしておけば簡単に勝てる。 個体持ってなかったので流石に最終日の深夜に作る気は起きませんでしたが。

Next

【ポケモン剣盾】キリキザンの育成論と対策【厨ポケを狩る!アーマーガアは全抜きの起点】

そもそももちものがきあいのタスキなので、耐久に振る意味はほとんどありません。 持ち物は少しでも火力は上げたいが、袋叩きの火力上昇および反動による耐久の減少は避けたかったので、達人の帯を持たせた。 アイアンヘッド 鋼 80 100 怯み30%。 ダイマックスが追加されて、能力を下げられる機会が増加したが、 キリキザンは特性「まけんき」があるので、攻撃を上げて逆襲が可能。 @こだわりメガネ 性格:ひかえめ :HC252余りB 火力お化け。 ックスとの相性が難しく、ふいうちを撃つことまで考えるとあえて初手にダイウォールをして自分からックスターンを枯らせるように調整する場合もよくある。 もちもちで気持ちよさそう。

Next

【剣盾シーズン1最終47位 サーナイト軸ダブルトリックルーム展開】

起点作成はいつも通り 壁貼り要員と ステロ要員で編成している。 地面と格闘を半減することができる。 相手のダイマックスポケモンを眠らせて誤魔化すことで、一方的にこちらがダイマックスの恩恵を受けることを目指した。 ハサミギロチン 無 - 30 一撃必殺。 せめて7世代の軸に近い使用感の構築を組もうということで考え始めました。 ふいうちは先制技であることから、鬼火や壁貼りではないアタッカードラパルトに対してはすばやさで負けているものの優位に立ち回ることができます。 タイプ一致技。

Next

【ポケモン剣盾】「キリキザン」とかいう環境に対応できる中堅ポケモン なんだかんだ強いよね…

かたやぶり持ちののやのダイスチルをステロ込みで確定耐えするため、で切り返せないに対して非常に強い。 対ックス積み展開(ダイジェットとか) ドラパルトor+or+詰めのエース 初手でなどの場づくり役と1対1交換とる。 まだまだ第8世代も始まったばかり。 数多の3タテ劇場を演じてきた。 アーマーガアを出した場合、 ダイアークやダイアタックの追加効果を跳ね返してまけんきを発動されることも。 特性:まけんき• 今回は残念でしたが、エスパーやゴースト、オーロンゲなどと当たった時は交代で逃げられない限り倒し切れていました。 努力値は、想定される相手のトゲキッスの他、耐性と攻撃範囲的にギャラドス辺りに出していくことも考えると素早さを上げた方がいいと判断したため特攻と素早さにぶっぱした。

Next

【ポケモン剣盾】キリキザン育成論 カギは特性「まけんき」!

ですが、ダイマックスが横行する第八世代環境では特性の まけんきが非常に役立つ強特性となっています。 アーマーガアは出てきてほしくない突破が難しい受けポケモンの印象を持っているトレーナーが一定数いると思いますが、キリキザン使いであればむしろアーマーガアは出てきて起点になってほしいポケモンだといえるでしょう。 耐性が優秀とは言えあまりにも特殊耐久が貧弱で不安だったため、持ち物は突撃チョッキを持たせた。 また、ポケモンホームの解禁により物理の必中技であるつばめがえしを過去作で覚えさせたキリキザンが使えるようになったため、S4以降ではダイジェットキリキザンも今以上に見られるようになるかもしれません。 ・でんじは:相手のふいうち読み交代に合わせてうつと意外と決まるので強力 ・ステルスロック:相手パーティによっては襷を使った起点作成も任せたいときに。

Next