ろ号 戦果。 台湾沖航空戦

伊号第二十五潜水艦

再開に当たり、最初に生産されることとなったのが であった。 これは前線視察を兼ねて現地将兵の士気高揚を狙ったものであったが、同時にガ島奪回作戦以来、苦闘を続ける陸軍第17軍に対し参謀長の宇垣は司令部を訪問しその戦功を労いたいと以前から考えており、山本もそれを望んでいたことも理由の一つ。 あとは装備込みで 【対潜200以上】が必要。 沈没 [ ] 7月25日、伊25は第1潜水戦隊第2潜水隊司令の宮崎武治大佐を乗せてトラックを出港し、エスピリトゥサント島へ向かった。 またどちらも、日付を二七日とするものが、公的な 資料を含め少なくはない。 反面、米潜水艦もよくその作戦目的に沿う戦果をあげたといえる。 ****************************************. 25日、輸送物資を搭載してラバウルを出港し、27日にブナに到着したものの、米魚雷艇を発見した上守備隊との連絡が取れなかったため一旦退避。

Next

4

この攻撃では回天が伊47潜から全4艇、伊36潜から1艇が発進し、油槽船1隻撃沈の戦果を上げた。 すなわち増援競争の形となり、激しい海・空戦が展開された。 また、1944年9月上旬、T攻撃の成立を疑問視していた第2航空艦隊司令長官中将は、T攻撃部隊は決戦の一撃に夜間攻撃に使用し、悪天候下に乗じるのは最後の切り札として決行すると表明した。 由良や多摩に制空を担当させる運用もありですが、甲標的で1隻は落としてくれないと困ります。 【最近の更新】• 6-5 3. イ15の石川艦長は、隣のイ19が沈めたものとは考えず、味方の航空部隊の戦果と思った。

Next

【艦これ】新たな戦果稼ぎ周回として3

351? それでも搭乗員80組が残っており、ただちに再編に着手するが、早くても10月末まで回復の見込みがなく、ので、第六基地航空部隊は精鋭のT攻撃部隊の活躍を期待できず、練度の低い混成の実働機300機にも及ばない航空兵力を主力として臨まなければならなくなった。 これが奏効したのか24、25日と連合軍の触接も受けず挺身部隊は順調に進撃した。 IVc(装甲自走砲IV号c型、「8. タシュケントの装備見直して、ミ船団護衛(二号船団)行かせました。 2-2:全ての軽空母は最大スロや18超える枠に彩雲か2式等で他は艦攻満載。 2回の爆発音を聴取し、輸送船を撃沈したと判断した。 軽い編成で挑む場合、空母1-2,軽巡1,駆逐3-4 といった編成に変更すると良いでしょう。

Next

戦果稼ぎと任務消化を両立させる月間スケジュール(4-5実装後)

そして、その前哨戦ともみられるB作戦 (ベンガル湾方面の機動戦)参加部隊の第7戦隊等は、すでに北部マレーのメルギーに進出していた。 その功績は燦然 (さんぜん)として輝き、二階級特進の栄に浴した。 この日を以って第3艦隊は台湾への攻撃を打ち切った。 この時点で海軍は、連合艦隊、軍令部、各航空隊に到るまで大戦果が誤認であることを共通の認識としていた。 消費資源が重いですが、 3-4はスピードがダントツです。 1949年7月31日にがからの質問に答えた陳述書によれば、田中を招致して、淵田と鈴木で田中の持参した資料を検討し、中島の意見も求め、その結果いくら上算しても空母4隻撃破程度で撃沈はまずあるまいと結着した。

Next

台湾沖航空戦

ハドソン攻撃機は伊25に対する爆撃を行ったものの、損傷を与えることはできなかった。 "All Third Fleet ships recently reported sunk by Radio Tokyo have been salvaged and are retiring at high speed toward the Japanese Fleet. 15日午後、第26航空戦隊の一式陸上攻撃機数機が体当たり攻撃を目的としてフィリピンのルソン島クラークより出撃した(未帰還・戦果不明)。 しかし、一九四三年中期以降は、アメリカ軍の対潜能力 (対潜兵力、対潜兵器の総合)が飛躍的に向上して、日本の潜水艦が苦戦を強いられたのにたいし、日本の対潜能力は極めて貧弱で、兵力においても優勢な米潜水艦は楽な戦いができたのである。 米側のハルゼーも攻撃を受けた際に米艦隊が炎上した様子を見て大損害を受けたと誤認しており、日本の米機動部隊撃滅報告も無理のないことだった。 日本の潜水艦の大部分が輸送に従事する以前、すなわち一九四二年八月から同年十一月までの比較である。

Next

ろ号作戦 ウィークリー任務効率化編成例【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

伊402潜は45(昭和20)年7月に竣工、ウルシー環礁攻撃には間に合わず、実戦に参加することがないままに終わった。 クルップ社は、鉄道車両を製造していたことからリーフ式サスペンションの設計に長けており、信頼性が確保されていた。 また、人的被害も配置に付く際に転んで頭を切った兵士1人のみである。 尚、Gマス経由を祈る。 やればやるほど引継ぎ戦果が増えるので、後半はどんどん楽になっていきますね。 次に建造された呂号潜水艦は、 で、竣工したのは1942年だった。 艦これにもランキング制度があり、 各サーバーの上位500名には通常では入手しづらい上位装備や新規実装装備が配布されます。

Next

英空母「ワスプ」撃沈!

搭載機の迎撃のために戦闘機2機が発進したが見つかることはなく、対空砲火を受けることもなかった。 第43駆逐隊及び第52駆逐隊所属の駆逐艦「梅」、「桃」、「榧」、「杉」、「樫」による突入が計画されたが、集結前の14日にマニラが空襲を受けて中止となった。 著者は記者を経て軍に志願、空中戦闘情報(ACI)将校として南西太平洋軍に勤務、本海戦時は第3艦隊司令部に配属され旗艦に乗組み従軍した。 17日、志摩艦隊(那智)はに損失もなく入港した。 このように、連合艦隊の目がインド洋に向けられていた八月七日早朝、アメリカ軍は突然、ソロモン諸島南部のガダルカナル島とツラギ島に上陸を開始した。 燃料400・鋼材800・バケツ3 前提に• イ15:「ワスプ」を撃沈したイ19と同型艦である。

Next