あんみつ 羊羹。 商品一覧ページ(カテゴリ)

商品一覧ページ(カテゴリ)

それらの最寄り駅でもある北鎌倉駅からすぐの場所に、「あがり羊羹」という看板を掲げたお店「鎌倉松花堂」があります。 今回選んだのは、昇月堂の「あんみつ羊羹」 写真を見て惚れました。 また具材が広くしっかり散りばめられていることで、切り分ける場所によって食感と味わいが変わります。 その点、あんみつはさっぱりとした味わいなので、暑い日に喜ばれるスイーツギフトとしておすすめできます。 カットすると、清涼感あふれる涼しげな見た目と美しさに驚かされます。

Next

カラフルでかわいい!喉越しさわやか「一枚流しあんみつ水羊羹」

ひんやり冷やして、切り分けてどうぞ。 不良品・誤送品があった場合は商品到着後2日以内にご連絡ください。 ゆっくり時間をかけて、吟味できます。 春真っ盛りの4月にピッタリのあんこ菓子のご紹介です。 あんみつに使われているくず餅は、いわゆる「関東版」と呼ばれるもので、良質な小麦粉と老舗秘伝のレシピによって作られており、まさに絶品の一言。 羊羹とは思えないおしゃれな感じがいいですね 正直にいってかなり濃厚です。

Next

『あんみつ羊羹…独特ですねぇ』by 大きなやまちゃん : 麻布 昇月堂

主役の寒天は、静岡県伊豆産の良質な天草だけを選りすぐり、さらに柿田川名水の湧水で煮出して抽出、固めて作られています。 上品な味わいの黒糖ゼリーは、香り高い抹茶ゼリーと相性が良く、さっぱりとした口当たりです。 この羊羹をスライス状にカットするとドライフルーツの断面がとっても綺麗。 現三代目店主が「暑い夏に、涼しげで楽しい菓子を」と、20年前位に考案したというオリジナルだ。 ほのかに磯の香りが漂い、さわやかで上品な味わいを楽しめます。

Next

春を彩る厳選和素材をあしらった、福井のあんみつ水羊羹/あんこ菓子のプロが推薦!vol.25

中でも波の高い玄界灘で取れる「呼子(よぶこ・佐賀県唐津市)のイカ」は、引き締まった透明感ある身の甘みと、弾力のある食感が混然一体となって味わえて格別です。 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます】. まさに遊び心あふれる、唯一無二の一品です。 それでいて、ほかの食材の風味を引き立たせ、より深い味わいにしています。 また、甘いものが苦手な方は、付属のエバミルクで味を調えることで、よりまろやかでコクのある味わいにすることができます。 ほどよい甘さとは言え、厚みがあると羊羹の甘さが強くなってしまいますし、それぞれの具材の食感も弱くなってしまいます。 あんみつの具材を上品な甘さの羊かんに纏め上げた、唯一無二の逸品。

Next

イメージを覆す絶品、こだわりの羊羹5選

取りに面して大きなガラス 開放感のある良いお店ですね 購入するものは決まってます 一枚流し麻布あんみつ羊羹 このビジュアル、独特ですむ 初めて見たときワクワクしました。 長い直方体や円筒形などの形から、棹物や棹菓子という形状の菓子として分類されています。 丹波産小豆の大きな粒が見え隠れする、つぶし餡の羊かんには、角切り寒天と二色の求肥、栗の甘露煮が入る。 スライス状にカットしてお皿に並べても、ペタッと張り付くような柔らかさ。 中に羊羹が入っているとは思えないような包装なのですが、紐を外して上の蓋を取ってみると、見覚えのあるあの羊羹の色が出現します。 これが老舗和菓子屋、麻布昇月堂の「一枚流し 麻布あんみつ羊羹」です。 和風モダンな店内の一角には、小さくも風流な茶寮が設えられ、ゆっくりじっくり品選びができるというあんばい。

Next

カラフルでかわいい!喉越しさわやか「一枚流しあんみつ水羊羹」

その極上の味わいは、普段スイーツを食べない方にもおすすめできます。 こちらは菓子作りの技術にこだわり、優秀な和菓子職人としての認定を受け、全国菓子大博覧会で全菓博工芸文化賞や農林水産大臣賞など、数々の賞を受賞した経験を持つというお店。 ゴム風船の中に羊羹を詰めたもので、もともとは戦場の兵士に送る慰問袋用の菓子として日本陸軍から開発の指示が出され、福島県の和菓子店「玉嶋屋」が開発しました。 いちじくやいちご、そして胡桃といったドライフルーツの周りには、北海道の小豆の上質な餡と、沖縄・西表産の黒糖、ラム酒が加えられているそうなんです。 一番特徴的なのは大きなドライフルーツがゴロゴロと入っている点。 そんな羊羹ですが、今までのイメージを覆す創意工夫を凝らした、新発想の商品が続々と登場し、驚異的な進化を遂げております。 小豆を使って長年磨き上げてきた羊羹製造技術と新しい発想を組み合わせて完成したのが、今回ご紹介する「飲む羊羹 ICHIZU」です。

Next