暮らし の うつわ 花田。 和食器(陶器、磁器、ガラス、その他)の専門店 / 暮らしのうつわ 花田

「白洲正子の素顔」松井氏(うつわ花田店主) : くいしんぼう日記

そば猪口としてはもちろん、お茶やコーヒー、小鉢としても活躍します。 中皿は食卓の必須アイテム。 utsuwa-hanada. また、臨時休業中に店舗引取のお問い合わせをいただいたお客様には、お詫び申し上げます。 いいものには必ずそれだけのものを感ずる、感動とういうものがある。 。 」 更に、「形には必ず魂がある。

Next

暮らしのうつわ花田

「吉平さん、何で白洲さんあそこまで褒めるの?」 「ああいうものは、全て知り尽くした人が最後にたどり着くようなものなんです。 11月• 私にも白洲さんに認めさせる何かがあったんだ。 多彩な小皿で色々冒険してみませんか。 そういうお祖父さんに育てられた。 友枝さんが"禁じ手"をどこで出すかを楽しまれていました。

Next

暮らしのうつわ花田

2月 2004年• ものを見る目、見抜く目と言うのは独特なものがあったと思います。 皆さまが、豊かな時間をお過ごし頂けるような店作りを一同心がけております。 ここ一番のうつわを選んでみませんか。 「これは、普通のオバアサンじゃぁないぞ」 これが白洲さんとの出会いでした。 と思いました。 手にして使う身近なものだからこそ、納得のいくものを。 そこに古美術評論家の秦秀雄さんと白洲さんが、骨董や骨董界についての対談が載っていました。

Next

暮らしのうつわ花田

11月• 身体の中から温まりましょう。 「人間は幸せになる義務がある。 11月• REVIEW体験者の声. 白洲さんと骨董屋へ行くわけですが、{壺中居(こちゅうきょ)、瀬津雅陶堂(せつがとうどう)、吉平(きっぺい)・・}、白洲さんは気に入ったものがあると「買った!」「ア、これ買った!」とやっちゃうんです。 10月• 家族、友人、同僚…。 この度の企画展は現在の状況を考慮し、WEB上の開催と致しました。

Next

スポット(暮らしのうつわ花田)

暮らしの様々なシーンで登場する身近な存在、ガラス。 10月• 12月• 人間は幸せになる権利があるとか言いますが、彼女は「義務がある。 トレードマークである黄粉引を中心に、仕事に深みが増してきた工藤和彦さん。 ガラスが持つ涼しげな雰囲気と、手づくりの暖かさ。 そしたら、白洲正子がこうもり傘の把手で首をギューッと引っ張るわけです。 爽やかなターコイズブルー。

Next

和食器(陶器、磁器、ガラス、その他)の専門店 / 暮らしのうつわ 花田

ものへの執着心と言うか、美しいものは自分のものだと一体化してしまうんでしょう。 多くが集う食卓の必須アイテムは、存在感抜群。 作者から選ぶ あ行• 11月• 「焼き物をやるんだったら、骨董やらなきゃぁダメだよ」と。 夢中になられました。 寛ぎの時間を更にゆったりと。 その奥には、新シリーズ「MOAS(モアス)」「MOAS Kids(モアスキッズ)」のうつわを展示しております。

Next